バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

エギング愛媛遠征 後編 タイラバ編

SPONSORED LINK

無事お土産のアオリを確保でき、エギングには十分満足できたので、3時過ぎには湾内に戻りタイラバをやってみることに。

連れて行ってもらったのはグレバスターさんが一週間前にマダイを釣り上げた実績ポイント。

しかし午後からは雨の予報、南の空からは雨雲が北上してきているのが見えます。
さて、どうなることやら…

初めてのタイラバ

タイラバは初めてなのでとりあえず、
•ボトムをとってから一定のスピードでリーリング
•前あたりがあっても合わせは入れずロッドが引き込まれるまで巻き続ける

の基本を意識してやってみることに。

すると開始早々にバイト!

コツコツという前あたりを我慢して巻き続けると…
グイーン!!!とロッドが絞り込まれる!

グングンというトルクのある引きに初めてながら真鯛であることを確信。

最初の突っ込みをいなして巻き上げていると再度猛烈な突っ込みをみせる…!

メインラインはPE0.4号、リーダーはフロロ1.7号…
ドラグを少し強めに設定してたので急な突っ込みに対応しきれず「やばいっ!!」と思った瞬間…

ラインブレイク…。
痛恨のドラグ設定ミス。

なかなかの重量感だっただけにしばらく放心。

気を取り直して

少し場所を移動してリーダーを2.0号に組み直して釣り再開。

すると、またしてもすぐにあたりが!!
グレバスターさんも隣でみてたので絞り込まれた瞬間2人して

「よっしゃーーー!!」

と叫んだまではよかったがアジングタックルなのでここからが長い長い…

絶対にラインブレイクだけはしないようにドラグは弱めに設定して慎重に。

途中ロープに巻かれそうなったが運良く出てくれた。
テンションでは切れないだろうけど牡蠣などに触れたら瞬殺なのでヒヤヒヤものです…

20分のファイトにようやく観念して上がってきたのは75センチ、5.7キロの大鯛!

感無量…やっちまった…

これまでチャリコくらいしか釣ったことなかったのにいきなりこのデカさ!撮影時も重すぎて片手では持てなかった…。


クーラーの中はこんな感じで一気に豪華に!

まぐれの一発でしたが、全ては連れて行ってもらったポイントが良かったのだと思います。

こんなのが釣れたらハマらないわけがない。
次回はちゃんとしたタックル持参で挑みたい!

というわけでとても楽しい一日でした。
グレバスターさん、またお願いしまーす♪( ´▽`)

タックルデータ

リール:SRAM TCR-74
リール:レアニウムCI4 C2000S
ライン:メイン PE0.4号 リーダー フロロ2.0号
ルアー: 紅牙 ベイラバフリー 60g


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事

コメント

    • グレバスター
    • 2014年 9月 09日

    あの魚は大きかったすね~

    やはり、ドラマがありました。

    再来週に子供を連れていく予定です

      • Mac
      • 2014年 9月 09日

      グレバスターさん
      先日はありがとうございました!
      相性悪い説を吹き飛ばす一発でしたね!
      次は子どもさんにも釣れることを願ってます♪( ´▽`)

  1. この記事へのトラックバックはありません。


カテゴリー

アーカイブ