バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

【香川野池】フローターで新規開拓。小バス爆釣するも、ウェーダー浸水でトホホ…の巻き。

SPONSORED LINK


気になってた野池調査にやっと行ってきました。

フローターで野池開拓。

日曜日、一週間ほど前にオカッパリで調査して30前後のバスはいることを確認していた近所の野池へ。

平日に行こうと思ってたんだけど、色々忙しくやっとフローターで出撃できました。

山奥の秘境っぽい場所にあるのでプレッシャーも低そうで期待が高まります。

SPONSORED LINK

一軍ボックスの中身。


こちらは今回の選抜部隊。

 

前回紹介した通りですが、左上から順に

ジャッカル「10cc」
バンディット「フットルース」
イマカツ「リトルバッツ」
メガバス「MR-Xグリフォン」
HMKL「K-Oポッパー」
ヘドン「タイニートーピード改」
エバーグリーン「スーパースレッジ」
ジャッカル「セイラミノー」
ジャッカル「想流シャッド」
Quiet Funk「デカダンストーイ」
O.S.P「ハイピッチャー」
Qu-On「エグジグ」×常吉「co-boke3インチ」

こんな感じ。

山間野池でベイトは虫っぽいので小型ルアー中心。

高活性なバスを期待してトップ多めの布陣です。

 

闇夜にビビりながらフローター準備。

さて、狙うは最もバスの活性が高まる朝マヅメ。

朝4時過ぎに到着するもあたりは真っ暗。

時折飛び交うコウモリや、野犬の遠吠えにビクビクしながらフローターを膨らませます。

真っ暗な山中で一人で準備するのは何か出てきそうで不気味ですが、それも水面に浮かぶまでの話。

一旦フローターで浮かべば、毎度ながらアドレナリンでそんな怖さはどこかへ吹き飛んでしまうので、この日も猛スピード準備(笑)

そこはお手軽なフローター。

ものの10分程度で準備完了し、タックル一式を担いで早速水辺へ!

SPONSORED LINK

入水後いきなりトラブル発生!


蒸し暑い夏場、ひんやりとした池の水にフローターで浸かって釣りをするのは格別で、本当に気持ちがいいです。

ところが、昨日はどうもいつもとは様子が違う感じ。

なんだかウェーダーを履いた左足がひんやりどころかやけに冷たいんです(汗)

どうやらウェーダーのどこかが破れているようで内部に水が浸水してきている模様。

浸水した水は時間とともに右足にも入ってきて、最後にはズボンはもちろんパンツまでびしょびしょ。

6年くらい使ってきて蒸れないので気に入っていたブリザテック製ウェーダーですがそろそろ買い替え時のようです。

朝一、トップでバホバホ!

そんなこんなで朝からトラブルに見舞われ、いきなりパンツまでどーぼどぼですが、気を取り直して実釣開始。

真夏の朝一といえばトップでしょ!

ってことでまずは切り込み隊長「デカダンストーイ」からスタート。

一投目、真っ暗で距離感がわからず岸際のブッシュにガスッ!

気を取り直して二投目。

相変わらず距離感がわからないので、少し手前にキャスト。

カシャン!

と静かな野池に、独特の金属的な着水音が響き渡ります。

一呼吸置いてからゆっくりとリトリーブ。

カシャカシャカシャカシャ…

デカダンスの魅惑的なクロールアクションに

ゴボォッ!

いきなり出た~~~♪


サイズは30センチほどですがトップで出ると気持ちいい!

その後はもうワンキャストワンヒットと言わんばかりの入れ食い状態。


デカダンスで数匹追加してから


タイニートーピード改にもヒット!

ひったくるように水面を割ったバス。


お次はK-Oポッパーの芸術的なスプラッシュで。


とくに反応が良かったのはフットルース。


引き波を立てながら水面直下を引くと突然バホッと襲われるので心臓に悪い(笑)

全員安打達成なるか!?

少し日が昇り水面系への反応が落ちてきたので、クランクにチェンジ。


相変わらず10ccは釣れますね~。


ウィードが意外と多かったので、その際にハイピッチャーを通しての一匹。

いやぁ楽しい。

こりゃ今日はボックスの中のルアー全員安打達成かな!?とどんどんルアーチェンジ。


お次は想流シャッドで。

軽くトゥイッチした後、ステイしてたらどこからともなくひったくっていくのが見えて興奮!


スーパースレッジの3段ジャークにもイチコロ。

ここまでで残る無安打ルアーは、セイラミノー、MR-Xグリフォン、エグジグの三種類のみ。

続いてグリフォンをキャストするも、泳層にウィードの塊があって効率が悪いのでセイラミノーにチェンジ。

棒引きすると後ろに小バスが二匹、三匹とついてくるのが見えます。

しかしなかなかバイトには至らず。


門限の時間も迫ってきたので、最後にエグジグで締めの一匹。

SPONSORED LINK

おわりに

はい、こんな感じ。

結局釣れなかったのはセイラミノーとMR-Xグリフォンの二つのルアーだけ。

小バスながら久々にトップへの反応の良い野池に出会えて楽しかったです。

トータルはたぶん30匹くらい釣れたかな。

日曜日ということで他におかっぱり一人、他にアルミボートが1艇浮かんでましたが、家からも近いのでホームの野池としてこれからちょこちょこフローターで浮かんでみたいと思います。

あ、そのまえにウェーダー購入しないと。

東レのブリザテック製のウェーダーは夏場でも蒸れないので、フローターはもちろんおかっぱりにもおすすめ。

値段も手頃でコスパがかなり高いので今回もこれを買うつもりです。


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


カテゴリー

アーカイブ