バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

これで鳴門の激流メバル攻略は完璧!?ティーロ GOTS-762L購入しました!

SPONSORED LINK

昨日の仕事帰りに、エギの補充に香西釣具に寄った際、いつもの場所に以前から気になってたロッド、ティーロ GOTS-762Lが置いていないのであれ?っと思いながらも、それほど気にせず目的のエギコーナーへ。

お目当てのエギを3個ほどカゴにいれた後、再度ロッドコーナーをぶらぶらしてると、いつもと別の場所にティーロを発見。な、な、なんと50% offの1万5,225円で売られていました!

びっくりしすぎて画像ピンボケ・・・

実は1年ぐらい前から購入を検討していたもののなかなか踏ん切りがつかず購入には至らなかったんですが、通常より一万円も安くなっていたので思わず買ってしまいました。
オリムピックの中では、正直あまり人気がないようなので救済してあげましょう(笑)

以下メーカーのホームページより

アクションはファースト。ライトモデルながら極小ルアーも守備範囲にした高精度な遠投が可能。しなやかで高感度なチューブラティップが“乗せ”の演出と、鋭い“掛け”を実現し、魚種を問わないフレキシブルなアワセを可能とします。張りのあるベリー~バット部がより高いフッキング性能を発揮。多種にわたるルアーを手返しよく思いのまま操作できるため効率アップ。強靱なバットはひったくるようなバイトや不意な大物にも負けない強さと粘りを持ち合わせていますので、ストラクチャー系の繊細かつ大胆な釣りに最適なモデルです。

引用元:GOTS-762L | オリムピック製品一覧 | 釣具

このロッドはショアライトキャスティング用に作られたモデルなのですが、他のシリーズのように、メバリング用、アジング用というように、対象魚が明確にされてません。そのあたりも人気が無い原因なのかと思いますが、ここで僕が思うのは、そもそも、対象魚ごとにロッドを分類するのってホントに正しいのかなってことです。

例えばジグヘッド単体とキャロではロッドに求められる性質はまったく違うし、ラインにしてもPEやフロロによってまったく異なります。
また、ポイントによっても瀬戸内のおだやかなポイントから鳴門のような激流ポイントまでさまざまです。

なので、ロッドって本来は、どのようなポイントでどのようなリグを使うかで考えるべきなんじゃないかなって思います。 その点、Tiroは、対象魚を限定せず、ショアライトキャスティング用としてラインナップされている所にメーカーのこだわりが感じられますね。

メバリングにおける僕のメインフィールドの鳴門は潮が早く、船やロープ、テトラなどのストラクチャーも豊富な為、ストラクチャーにピンでつくメバルに対して、リグを流れにのせてアプローチすることが大切になります。

これまではブリーデンの74エレクトロとフロロラインの組み合わせで、ジグヘッド単体、スプリットをメインに釣りをしてましたが、鳴門の激流でピンポイントにルアーを送り込むのにはフロロでは限界を感じてました。瀬戸内側ではすごく使いやすいんですけどね^^
そこでPEに合わせるロッドとして以前から気になってたところに、今回のセールです。そりゃあ、あなた、買いますよ!

詳しいインプレは使い込んでからしたいと思いますが、しばらくはエギングメインなのでもう少し寒くなってからかな^_^


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2012年 11月 19日
  2. 2012年 11月 27日


カテゴリー

アーカイブ