バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

釣り人のカメラ オリンパスTG-2購入

SPONSORED LINK

釣行写真はできるだけ綺麗な画質で残しておきたいと思っていて、マヅメ時や夜間でも比較的綺麗に撮れるF1.9の明るいレンズを搭載したGRデジタルを愛用しているんだけど、防水仕様ではないためどうしてもフィールドであと一歩踏み込めないことが多いと感じるようになってきました。

具体的には釣りの最中に雨が降ってきた時、ボートで波しぶきを被るようなシチュエーション、フローターで釣りをしているとき、etc…
デジカメが気になって釣りに集中できない、というか水濡れを気にしながらカメラを取り出すこと自体が億劫に感じることも。

これでは本末転倒なので、画質的にも満足できるレベルで防水性能も備えたカメラが欲しいなーと思ってました。

ただ、防水カメラというとレジャー用的な位置づけのものが多く、本格的な写真がとれるものってなかなか少ないんですよね。

でも実は以前からこっそり目星を付けていたカメラがあって、それがオリンパスの防水、耐衝撃コンデジのTGシリーズ。

GRデジタルとほぼ同等のF2.0という明るいレンズを備えながら、防水性能もばっちりというオリンパスのハイエンド防水コンデジです。

ただハイエンドといわれるだけあって僕には高値の花、ブログ用のカメラに4万前後は出せないと思い二の足を踏んでたんですが、2世代型落ちのTG-2がオークションで格安だったので思わずポチっ!

有効画素数1200万画素、撮像素子1/2,3型CMOS、光学4倍ズーム搭載、開放F値がF2.0~4.9、焦点距離(35mm換算)25-100mm相当のレンズに、3.0型61万ドット有機ELのディスプレイ搭載と2年も前のモデルながらまったく陳腐化してないのでそこそこ長く使えるかな。

たぶん最新モデルのTG-4を購入しても全ての機能は使いこなせないし、そもそもそんなにいろんな機能はいらないし。
電化製品(特にカメラに関しては)はできるだけ機能がシンプルな方が好みなので僕的にはこっちで問題無し。

光量の少ない釣り場でどれだけ綺麗に写るかだけど、室内でちょっと使ってみた感じかなりの潜在能力を秘めてる感じ。

これはいい買い物したかもしれないな。
秋アオリの開幕も近いし活躍を期待してます。

マクロ撮影時に被写体を均一に照らして影を消してくれるライトガイド。釣りではあんまり使わないだろうけどこれも気になってます。

 


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


カテゴリー

アーカイブ