バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

家族でサビキ釣り@鳴門

SPONSORED LINK


日曜日、子どもたちを連れて家族でサビキ釣りに。

そろそろアジが釣れないかなぁと期待して鳴門方面に行って来ました。

夕マズメまで時間があったのでまずは次男用のライフジャケットをいはら釣具で購入。

買ったのはこれ。

可愛くてなかなかいい感じのがあって良かったです。

昼間は暑すぎて子どもたちの集中力が持たないので5時半頃ポイントに着くように公園で遊んだりしながら時間調整。

夕方から日が暮れるまでの約二時間の短期勝負です。

SPONSORED LINK

子連れはポイント選びが大変。

子どもと釣りに行くときは釣り場次第でその日楽しめるかどうかの8割は決まったようなものです。

危なくないか、釣りがしやすいか、子ども最優先で考えてやることで、自分自身も余裕を持って楽しめます。

さすがに二歳の子どもと一緒に普段行ってるような足場の悪いポイントには入れないので、家族で釣りをする時はこちらの本とグーグルマップを参考に釣りやすそうなポイントを探しています。

航空写真で解説してくれているので、地形もすごくわかりやすい。

基本的に子どもを一人で連れていく時は安全な砂浜やごろた浜に行くようにしていますが、この日は妻も一緒だったので堤防でサビキをすることにしました。

子どもと堤防釣りする時は海面までの高さが低い場所を選んだ方が怖がらないし、水面が近いので泳いでいる魚もよく見えて楽しめますよ。

SPONSORED LINK

釣り開始


ポイントに到着した頃には、既に日も沈み始め、山の陰で涼しく快適に釣りができました。


はじめに釣れてくれたのは意外と良い型のメバルちゃん。


クーラーにに入れてあげたら子どもたちは興味津々。

無理やり赤アミを食べさせられてましたが(~_~;)

その後もポツポツメバルを追加。


20センチ弱のまずまずののアジも釣れましたよ。

結構でかいウマヅラハギが何匹か見えてたので次は狙ってみようかな。

途中から豆アジが爆りだしてメバルはどっかいっちゃいました。


お持ち帰りはこんな感じ。

SPONSORED LINK

釣魚料理が楽しい。


持ち帰ったメバルは煮付けに、アジは刺身で食しました。

愛用のインクス×忠房の小出刃が使えて嬉しい(笑)

いやぁ楽しかったし、美味かったしいい休日でした。

次男氏が少しずつ手が掛からなくなってきつつあるのでまた連れて行こうっと。

釣魚料理といえばこの一冊。何度読んでも最高に面白いです。


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


カテゴリー

アーカイブ