バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

ぼくにステラは合わなかった。身の丈にあった釣り具を買ったほうがいいよ…というお話し。

SPONSORED LINK


もう何年も前の話ですが、ステラを買いました。

ステラと言えば今も昔もシマノのハイエンドスピニングリール。

ぼくにとって高嶺の花子さんでしたが、「釣り人たるもの一度はステラを使っておかないと」という妙な意識の高さから(笑)1年間コツコツお金を貯めて購入しました。

当時だいたい5万くらい。

でも憧れのステラはぼくには使いこなせない代物でした。

性能面じゃないですよ。性能なら下手な人はほど良いリールを使うべきです。

ではなぜか…

「落して傷付けたららどうしよう…」

とビビって使えなかったんです。

SPONSORED LINK

快適に釣りできるはずが…思い切って使えない。

憧れのステラを手にしたものの、魚を釣ることより、リールを傷付けたくないという思いが先にたっちゃうんですよね。

「今日はあそこのポイントに入ってみようかな?」と思った時に

「潮被って錆びたら嫌だからやめとこう」とか「岩場で傷が入ったら嫌だからやめとこう」と思っちゃうんです。

まぁガッツリ落としてガードが割れちゃいましたが(;´・ω・)

 

気楽に使える道具が一番。

趣味の道具という観点からは『所有する喜び』というのは大事な要素の一つだと思います。

ステラやスティーズといったハイエンドモデルは確かに手にするだけで特別な喜びがあります。

でもやっぱり釣り具は使ってナンボ。

所有することが自体が目的になってもったいなくて使えないとなると本末転倒ですよね。

ちなみにこっちは同じ時期に買った07ルビアス。


値段はステラの半額程でしたが、ルビアスのほうが5倍くらい釣ってます。

どこに釣りに行くにも持って行ったし、替えスプールもあるのでいろんなシーンで使いまわせます。

ステラも替えスプールを買おうかと悩んだ時期はあったんだけど、スプールだけで1万もするので結局手が出ませんでした。

SPONSORED LINK

おわりに

という感じでぼくにとってステラはちょっと背伸びしすぎたリールでした。

いくら高級な道具を持っていてもフィールドに無いことには魚は釣れません。

だからぼくにはルビアスがちょうど良かった。

まぁそれに気が付かせてくれただけでもステラを買って後悔はしてないのですが。

ふとそんなことをフィッシングショーで賑わう週末のタイムラインを見て思ったのでした。

というわけでみなさん、今年はミドルクラスリールが豊作ですよw


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


カテゴリー

アーカイブ