バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

フローターやゴムボートの修理用接着剤ならPANDO(パンドー)が安くておすすめ!

SPONSORED LINK

久々の更新です。

少し前にはなりますが愛用しているフローターのメンテナンスをしました。

高知のグレバスターさんから譲り受けたジョイクラフト製のフローター。


何度か使ううちにアルミポールを保持するストッパーが片方取れてしまいました。

しばらくは手前の竿固定ベルトにアルミポールを挟む形で騙し騙し使ってましたが修理することに。

SPONSORED LINK

純正接着剤は高い。

とりあえずジョイクラフトの純正接着剤を探してみたのですが、これがまたお高い。

アマゾンだと執筆時点で1620円+送料540円=2160円

しかもたった30mlしか入ってないんですよね。

これはさすがに高すぎるよなーと思って二の足を踏んでたのですが、

そういえば…!と

昔ゴムボートを使っていた時にPANDO(パンドー)の接着剤を使ったことがあったの思い出した!

アキレスのゴムボートだったけどかなり強力にくっついてくれたので今回もPANDOを購入することに。

安いのにいい仕事します。

パンドーの接着剤は職人さんなんかが使っている接着後。

ウレタン系なのでPVCなどとの相性もバッチリ。

無色透明で接着後は適度に柔軟性もあるので、たわんだりするゴムボートやフローターの補修にも向いています。

しかも150mlと純正の5倍もの容量が入ってて価格はたったの600円。

これだけ入っていればケチケチせずに使えますね。

SPONSORED LINK

修理してみた。


がっつり剥がれたストッパー。

反対側はまだくっついていましたが、剥がれるのは時間の問題だろうからこれを機に一緒に貼り直すことに。


まずはスクレーパーで接着面を剥がしていきます。


養生テープで簡単にマスキング。

ほんとは古い接着剤を綺麗に取り除いた方がいいんだけど、ヤスリもなかったし、買いに行くのも面倒だったのでこのまま接着することに。

まぁこれで剥がれちゃったら次はキチンとやればいいか…なんて適当な性格が出ちゃってます(笑)


パンドーを塗って、ホルダーを接着。


養生テープで圧着して8時間くらい放置しておきました。


テープを除けるとこんな感じ。
がっつりくっついてくれています。


雑にマスキングした割にはほとんどはみ出してなくて割といい感じ!

SPONSORED LINK

おわりに

というわけで、フローター、ボートの修理ならPANDO(パンドー)が安いのにいい仕事をするよ!というお話しでした。

ただパンク修理などはやはり純正品を使ったほうが安心かと思いますのでそこんところは自己責任でよろしくお願いしますw

昨シーズンは忙しくてなかなかフローターで出撃できなかったけど、今年はもっと活用しないとですねぇ(汗)

それでは〜


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


カテゴリー

アーカイブ