バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

2015アルデバランが発表されましたね

SPONSORED LINK

2015_header01

2月にはフィッシングショーもありますが、各社から次々とニュータックルが発表されています。

気になるのはやはりリール関係。いろいろとリサーチしていたのですが、なんとシマノのアルデバランが2015年モデルチェンジするようです。

 

アルデバランとは

アルデバランはシマノが誇る超軽量ベイトリールで、ミドルクラスながら機能性が高く非常に人気の高くトップアングラーも多数使用しています。BFSモデルもラインナップされています。

発売は2009年、アルデバランって新しいイメージあるけどもうそんなにたつんですね。

09モデルはぼくも一台所有しているのですが手の小さい自分でも握りやすい剛性感もあるのでなかなか気に入っています。

 

2015アルデバランの外観。

アルデバラン

で、これが新しいアルデバランの外観ですが、個人的には「うーーん…」といった感じ。

正直09モデルの方がかっこいいと思うのですがこれも見慣れてくるのかな。

ハンドルノブの形状も変わってますね。

シマノ最軽量の自重135g。サイドプレートにはCI4+を採用しているそうですよ。

対抗のダイワのジリオンTWSは215gなのでその差はかなり大きいですね。

本体価格:44,000円
発売日:2月下旬(左ハンドルは4月下旬)

だそうですよ。

 

個人的にはデザインがあまりいけてないのでジリオンTWSの方が気になっていますが…。

ベイトはメタニウム、メタニウムMg、アルデバランの3機種を使っているので本当はシマノで統一したいのですが、最近のシマノのデザインはどうもイマイチのような気がします。


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


カテゴリー

アーカイブ