バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

これは便利! 釣りに使える工具・作業用・業務用アイテム9選!

SPONSORED LINK

前回記事にしたドカットもそうだけど、本来は釣り用として売られてるわけじゃないけど、釣りに持っていくと便利というアイテムはいろいろあります。

釣り具って趣味の道具なので値段が高いけど、工具など業務用のアイテムなら値段も安く実用性もバッチリ。

今日はそんなお得なアイテムを貧乏アングラー代表のぼくが紹介したいと思いますw

 

タックルボックス

耐荷重500㎏、収納力も抜群の道具箱。


元々は工具箱として売られてたものだけど最近は釣具屋さんで特注カラーが出るほどの人気ぶり。

 

ドカットのレビューはこちら▼
安い、収納力抜群、頑丈!リングスター「ドカット」がボート釣りのタックルボックスに超便利。 | Happy Fishing Life !

これがあればいつでも釣りに行ける。ぼくのタックルボックス「ドカット」の中身“30点”全てまとめて公開します。 | Happy Fishing Life !

 

投光器

夜釣りでタックルを準備したり、集魚灯代わりに便利なのが充電式の投光器。

知り合いが持ってるけどこれで海面を照らすとものすごく魚がよってきます。

 

ヘッドライト

作業用のヘッドライトは安くていいものが結構あります。

例えばこれ。充電式、防水、後方安全灯、5000ルーメンと釣りにもかなり使えそう。

 

シューズ

安全靴の定番「ハイパーVソール」

釣りに使う場合は先芯なしのタイプを選びましょう。

 


乾いたテトラ上ならラジアル、フェルト、フェルトスパイクと比べてもハイパーVのほうが滑りにくいです。

 


ただしコケが生えたような場所は当然滑るので過信は禁物。

SPONSORED LINK

ブーツ

業務用というとちょっと違うのかもしれないけど野鳥観察用に作られたブーツ。

なんといってもお洒落。

しかも野鳥観察のプロが使うだけあって歩きやすく、折りたたんで収納も可能だし、裾も絞れるので雨が降っても快適に釣りができます。

 

ボート、フローター補修道具

PANDO(パンドー)はウレタン系の接着剤ですが、PVCとの相性も良くゴムボートやフローターの生地補修用に使えます。

1本150gで値段がだいたい500円。
ちなみに純正ボンドは30gで1300円くらいと超高くて買えません。

 

吊り下げ式デジタルスケール

今使っているラパラのデジタルスケールは6000円もしたけど、これはたったの999円。

しかもメジャーまでついているので釣りあげた魚の重さだけでなく、長さも計れるスグレモノ。

SPONSORED LINK

温度計

非接触タイプの温度計なら水に触れずに水温を計測できます。

水面まで高さのある堤防などでも重宝します。

 

うろこ取り

これスクレーパーなんだけど魚の鱗取りとしての方が有名なくらいの便利アイテム。

普通のうろこ取りって周りに飛び散りまくるけど、これはスクレーパーでシール剥がすかの如くうろこがメリメリと剥がれて周りに全く飛び散りません。

おわりに

こんな感じ!

どれも安価に手に入るものばかりなので、特にこだわりがなければこういったもので十分ですね。

今後も良さそうな道具があったら随時更新していきますのでチェックしてみてください。


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


カテゴリー

アーカイブ