バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

【フローター】ジョイクラフト 純正フットポンプ購入!

SPONSORED LINK

昨年、グレバスターさんが新しいフローターを購入した際に譲って頂いたジョイクラフト製のフローター。何度か使用するうちにフットポンプが裂けてしまい、応急処置を施すものの再度崩壊。それ以降、しばらく使ってませんでしたが先日、新しいフットポンプを購入したので、これでようやく浮かべるようになりました。

GBI釣行|Ameba (アメーバ)
お世話になっているグレバスターさんのブログ。

バルブキャップも無くなってしまったので、ついでにバルブごと交換、合わせて予備用のバルブも購入しましたので、完全復活で現役続行です。

うちには一歳四ヶ月になる娘がいるのですが、実はフローターってイクメンアングラーにはぴっったりの代物なんです。
育児中って、仕事から帰った後も、子どもと一緒に遊んだり、お風呂に入れたり、子どもが風邪ひいたりとなんだかんだ忙しく、なかなか釣りの準備はもちろん、自分の時間を確保することが難しかったりします。

いや、別にそれが辛いって話じゃなく 、当然のことだと思うし、むしろ子供と遊んだり一緒に時間を過ごすことはすごく楽しく、時間を忘れるほど夢中になれるんですが、どうしても釣行やその準備にかけれる時間は少なくなってしまうのも事実です。

遠出などもなかなかできないので、釣行も近距離が中心になるんですが、幸い僕の住む香川県は昔は野池パラダイスと言われた程ため池が多い地域。
僕がバス釣りにハマってた10年程前に比べたら水抜きなどでバスが釣れる池はずいぶん減ったものの、近所に野池やダムは数多くありバスも生息しています。

なので、子どもが寝てる間にさっと出かけて朝マヅメの間に釣りをして、子どもが起きる9時ごろには帰ってくるのがベストなんですが、そんなライフスタイルにフローターがどハマりなんです。

フローターなら10分程度で準備ができるし、釣りが終わった後も車の中に入れたままでオッケーです。

これがボートだったらカートップしたり、前日にはバッテリー充電したりなんだかんだ準備に時間がかかりますよね。

あんな浮き輪みたいなもので浮くなんて危ないんじゃない??って思われる方もいるかもしれませんが、実はボートと比べてもずっと安全です。

アルミなどのスモールボートはバランスを崩したら簡単に転倒しますが、フローターで転倒することはまずあり得ません。何たって既に体半分水の中ですから。

唯一危ないのはフローターへの乗り降りの際にコケることくらいです。
足にフィンをつけている為、勝手が効かないのに加え、ウェーダーの中には空気が入ってるので足が浮いて起き上がれなくなります。
まぁこれも正しくライジャケをつけてれば問題ありません。

カヤック用のライジャケは動きやすくフローターにも最適。又紐がないのも◎
僕はNRSのチヌークを使ってます。

昔は僕も12フィートのLandauのジョンでバス釣りにいってましたが、生活環境の変化に伴い、今は乗る機会がほとんどなくなってしまいました。

忘れかけていた水面に浮く楽しさを再び呼び起こしてくれたフローター。
ボロボロになるまで大事に使ってやることで、譲ってくれたグレバスターさんへの感謝の気持ちに変えたいと思うのでした。

僕の使ってるフローター関係のアイテムです。☟ ☟ ☟


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。


カテゴリー

アーカイブ