バス釣り、エギング、ライトソルトゲームを中心に釣り情報を日々発信しています

理想のヘッドライト!Black Diamond「ストーム」

SPONSORED LINK

引き続きヘッドライトネタです。

前回の記事で僕が求めるヘッドライトの条件についてまとめましたが簡単に言うと・・・

・メインは150ルーメン前後(明るさと使用時間のバランス)
・サブに赤色LED(夜間視野の維持、魚へのプレッシャー減)
・メインは調光機能あり(電池節約)
・防水性能
・軽い、電池ボックス一体型
・メインとサブの切り替えがめんどくさくない、何度もスイッチをカチカチするのはダメ
・センサースイッチ不要
・点滅モードとかを経て消すのもダメ

とまぁ、こんなとこなんですが、全ての条件を満たすものってホントなかなか無いんですよね。

その中でも高い次元で条件を満たしていたのが前回紹介したゼクサスのZX-220(ただしLEDは赤色に改造してやる必要があるけど・・・)

ベルクロも標準装備していて、ベストにも付けれるのでこれにほぼ決定していたのですが・・・

SPONSORED LINK

先日BASE CAMPへふらっと立ち寄ってヘッドライトを物色していたら、スタッフの方が「ブラックダイヤモンド」というメーカーのヘッドライトを紹介してくれました。

このブラックダイヤモンドというメーカー、クライミング & バックカントリーギアからトレッキングギアまで、信頼性の高い登山用品を製造しており、ヘッドライトメーカーといえば大きくペツルかブラックダイヤモンドに二分されるくらい有名なのだそうです。

ロストアロー
ラインナップもいろいろあるのですが、なかでも「ストーム」というモデルは今年から明るさがアップしてコストパフォーマンス抜群とのこと。

スペックなど詳しく調べてみるとかなり理想に近い感じ!

headlight-storm

storm

・160ルーメンに照度が向上
・パワータップテクノロジー
・遠/近距離モードの切替
・ナイトビジョン(赤色LED)モードを搭載
・誤点灯を防ぐロックアウト機能
・3段階のバッテリー残量メーター
・IPX7(1mの水に30分没しても影響を受けない)

 

照度は160ルーメンと必要十分。電池寿命も長く、重量は電池込で110gなのでまずまずです。

見た目はガンダムっぽくて好みが分かれそうですね^^

メインライトは照度調整が可能で、さらにタップするだけで現在の照度と最高照度を切り替え出来るパワータップテクノロジーというシステムを採用しているので、急いで海面を照らしたい時にも対応できそうです。

ナイトビジョン(赤色LED)モードを搭載しているのですが、この起動方法がなかなか秀逸!

通常モードの消灯から、ボタンを3秒間長押しするとナイトビジョンモードになるので何度もボタンをカチカチする必要がありません。ナイトビジョンから通常モードに戻すのもボタンを3秒間長押しするだけです。

で何が素晴らしいかって、ナイトビジョンモードが起動するとボタンを押すたびに点灯、消灯のサイクルを繰り返し、ボタンを3秒間長押ししない限りモードが解除されません。

言葉で説明するとややこしいのですが、こういう事です。

night vision

これなら移動時は通常モード、釣りをしている最中はナイトビジョンモードと使い分けが出来て、明るすぎる白色LEDを不用意に点灯させて魚にプレッシャーを与えてしまうことが防げそうです。

不意に同行者をメインライトで照らしてしまい眩しい思いをさせてしまうことも防げそうですね^^

SPONSORED LINK

防水性能もゼクサスなどは最高級モデルでもIPX4(防沫型)なんですが、このストームはIPX7(防浸型)!

ipx

これだけの機能で価格もゼクサスより安いので、コスパに勝る「ストーム」を新しい相棒としてお迎えすることにしました!

金曜日には届く予定なので週末釣行でデビューの予定。届いたらまたレビューしたいと思います。

 

 

 

 


■こちらの記事もどうぞ!
SPONSORED LINK

関連記事


カテゴリー

アーカイブ